胡蝶ランの値段は贈る場面や相手との関係性で適した相場がある

胡蝶ランを贈るシーンというのは、出店祝いや結婚式だけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。

美しく優美な胡蝶蘭には、哀しみに暮れる気持ちを優しく癒すと言われていて、お供えやお悔やみのシーンでもよく見られる光景だそうです。
こちょうランの歴史の始まりは、19世紀のヨーロッパで起こった欄ブームだそうで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、もっと綺麗な欄を探す事になり、現代胡蝶蘭を発見する事に繋がりました。

気になる胡蝶ランの値段ですが、贈る場面や先方との関係性によって変わります。

親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶蘭で良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭が良いでしょう。どちらの場合も、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、胡蝶蘭 産地直送の場合によっては半額になることもあります。通販では卸市場を経由しない流通構造を採用している場合が多く、生産者からの直送を行っているからです。入院患者のお見舞いに、 気持ちを和らげるため、綺麗な花を持参することがありますが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。
お見舞いに胡蝶蘭を贈りたいなら、鉢から取り出して根をカットするなど、絶対に鉢に入った状態で届けないようにして下さい。
そのポイントさえ押さえておけば、胡蝶蘭は花粉もニオイも少ないですから、殺風景な病室を華やかにして、入院中の人の心を癒してくれるでしょう。

携帯端末で手軽にネットが出来る今、ギフトフラワーの通販も、昨今ではスマホ端末で全部完結させることが可能です。
それに加えて、様々なサービスも充実していて、メッセージやラッピングなど細かな点まで無料で行ってくれるのです。

配達についてもそうで、国内スピード配達や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。

花ギフト通販も随分と身近になりましたね。花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、贈る人のシーンに合った花言葉を持つ花を贈ることで、より一層の喜びを与えることが出来ます。たとえば、胡蝶蘭はお祝い事でよく利用されますが、こちょうラン共通の花言葉、純粋な愛などのほか、色別にそれぞれの花言葉をもっています。

胡蝶蘭を例に出しましたが、贈られる側の場面に合わせて花言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることは間違いありません。こちょうランには様々な種類がありますが、 分ける基準の一つに、花のサイズ別によるものが挙げられます。一番イメージしやすく新規オープンなどで見かけるのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。
逆に、プライベートなお祝いや誕生日など、少し価格の安いミディサイズという胡蝶蘭もあります。選ぶ基準ですが、贈る相手やシーンによって相応しいものが決まっています。

開店祝とか昇進祝いなど、急遽胡蝶ランをおくりたいとき、即日対応してくれるスピード配達のネット通販が便利です。流通網が確立された昨今のスピード感のおかげですが、だいたい翌日には届けることが出来ます。明日の昼までに配達してもらわないといけない場合とか、急な知らせでお急ぎなら、どんな時間帯でも受け付けしているのでオススメです。

さらには、急ぎで対応できるネット通販は、ラッピングやメッセージ札も料金に含まれます。

胡蝶蘭の育て方ですが、寒さに弱いのは、知っておかなければいけません。胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、暖かく明るい日陰で暮らしていたので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。

適切な温度は20℃前後と言われていて、置き場所は風通しも考慮してあげないといけません。水をあげるのは環境によって1週間~10日に一回程度で、根元が乾いてきたと思ったらあげる感じです。

胡蝶蘭を送る際は、ラッピングも大事ですねたとえば、赤いラッピングは豪華な印書言うを与え、薄紫のラッピングなら落ち着いた印象で法要やお彼岸でも使えます。人気のある花ギフトの通販店においては、全て、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります。胡蝶蘭を送る時の立札なども、価格に含まれている通販ショップが増えています。知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら1万円から3万円程度が相場ですかね。
ネットが発達した現代では、通販の専門店を利用する人の割合も増加し、様々なシーンに対応した胡蝶蘭通販ショップが人気です。

日本古来の花ではありませんが、日本に渡ってきたのは明治時代だそうです。蝶の様な花を咲かせるというところから、名前の由来が来ているのが胡蝶蘭ですが、美しさだけでなく花言葉(純粋な愛)も人気の要因なのです。

フラワーギフトで胡蝶蘭が人気なのには理由があります。一例を挙げるとすれば、見た目の華やかさや豪華さ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日持ちの良さも挙げられます。
一般的な花束などは、数日から1週間程度しか持ちませんし、そういった意味でも、1ヶ月から2か月も日持ちする胡蝶蘭が人気なのです。

おめでたい場面や門出に贈る花は、胡蝶蘭をチョイスする方が圧倒的に多いのです。

胡蝶蘭の育て方ですが、そんなに難しいことはありません。お水は毎日上げなくても問題ありませんし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。
ただ、厳しい寒さには強くないので、冬場にベランダに出したり、庭に置いたりしては駄目なんです。

それと、強すぎる陽射しを当てるのもダメなので、置くところには気を付けてあげましょう。