胡蝶蘭を贈るなら知っておくべきマナーと基礎知識について

ビジネスシーンの設立記念でも、お祝いに胡蝶蘭を贈るケースが多いですが、最低限のマナーくらいは、知っておいたほうがいいでしょう。例えば、赤系は火を連想させるので、好ましくありないでしょう。

あと、立札を付けるのを忘れないようにしましょう。多くの花が贈られるので、何処から贈られたのか分かりやすいようにしておきます。胡蝶蘭の育て方ですが、そんなに難しいことはありないでしょう。
1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢に植え替える方法も難しくないです。

でも、寒いところは苦手なので、人が快適だと感じる程度の温度を保ってあげましょう。それから、強すぎる陽射しを当てるのもダメなので、暖かくて落ち着くところが良いですね。気になる胡蝶ランの価格ですが、 贈る場面や、相手先との人間関係によって違ってきます。気軽なプレゼントの場合には数千円の安いものでも良いですし、法人関係の場合には最低20
000円以上の立派な胡蝶蘭が必要です。
どちらの場合も、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、商品によっては50%OFFになったりします。通販では卸市場を経由しない流通構造を採用している場合が多く、栽培農家からの産地直送がおおいためです。

胡蝶蘭にはいろいろな種類がありますが、分ける基準の一つに、花びらのサイズ違いによるものがあります。開業祝いや結婚式で一番目にするのが、花の大きさが一番ビッグな大倫というです。

それに対し、プライベートなお祝いや誕生日など、花のサイズが小さく、価格もお手頃なミディという種類があります。どれをチョイスるかですが相手先の場面や関係性でふさわしいものが決まります。

お祝いで届いた胡蝶蘭が不要になったとき、処分に困ってしまいがちですね。
こういったとき、役にたつのが胡蝶蘭の回収サービスです。

不要になる理由は様々で、会社関係で大量の祝い花を処分するケースや、咲き終わった後など、いろいろなケースに対応出来るのも嬉しいところです。

サービスを利用しないのの場合には、ご自身の責任で処分するしかありないでしょうが、お手数でも、割れモノや一般ごみに分別して処分するしかありないでしょう。

花を送る際、花を包むラッピングも大事です。例えば、ラッピングをピンク色にするとキュートな印象になりますし、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなります。
人気のある花ギフトの通販店においては、ほとんどが、無料のラッピングサービスを行っています。
胡蝶蘭を送る時の立札なども、サービスに含んでいる通販店が増えてきています。花を贈られて嬉しくない人はそういないでしょうが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、より一層の喜びを与えることが出来ます。例えば、おめでたいシーンでの胡蝶蘭を目にしますが、すべての品種に共通する花言葉、「純真」「幸せを運んでくる」の他、色別にそれぞれの花言葉をもっています。

胡蝶ランに限った話ではありないでしょうが、花ギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、より心のこもった素敵な贈り物になるはずです。お祝いの花にこちょうランが選ばれるにはりゆうがあります。例をあげると、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、そしてまた、日持ちの良さや香りの少なさも理由にあげられます。胡蝶蘭以外のフラワーギフトは、数日から1週間程度しか持ちないでしょうし、こういった理由からも、一ヶ月~二ヵ月も日持ちするこちょうランが好まれているのだそうです。

門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、やっぱりこちょうランにする人が圧倒的に多いわけです。突然の訃報とかお悔やみなど、急な知らせで胡蝶蘭を送りたいときは翌日配達のネット通販が便利です。流通網が確立された昨今のスピード感のおかげですが、最短で当日に届けることも可能です。

何とかしてあすには届いてほしいとか、急ぎで焦ってる場合は、夜間でも早朝でも注文できるのでお奨めです。

付け加えて言うと、スピード配達できる専門店は立札やラッピングも無料です。

入院している人のお見舞いには心を落ち着かせる意味で、お花を贈るのは良いのだそうですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。胡蝶蘭をお見舞いで持参したい時は、根を切り、花束にするなどして、絶対に鉢に入った状態で届けないようにして下さい。

タブーとされるこの事を理解していれば、香りや花粉があまりない胡蝶蘭の場合には、殺風景な病室を華やかにして、入院中の人の心を癒してくれるでしょう。