胡蝶蘭にもいくつか種類があります

胡蝶蘭にもいくつか種類がありますが、分類(特徴や個性に合わせて行われていることがほとんどです)のする基準のひとつに、咲かせる花の大きさ別の違いあります。開業祝いや結婚(人生の修行だという説もあります。最も修行になる相手とパートナーになるんだとか)式で一番目にするのが、大倫胡蝶ランと呼ばれる種類で、最も花が大きい種類です。逆に、気軽な贈り物や恋人同士のプレゼントなど、少し価格の安いミディサイズという胡蝶蘭もあります。
使い分けですが、相手先の場面や関係性でふさわしいものが決まります。

通販の花ギフトを利用するなら、御勧めは、生産農家から直接届けて貰える、生産農家直送を採用している通販店が良いでしょう。なぜ、産直をお勧めするのかというと、生産者から卸市場といった流通ルートを短縮できるので、花の鮮度がとても良いことと、中間マージンが省かれ、価格が安くなることがその訳です。

胡蝶蘭の通販でもおすすめなのは、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。胡蝶蘭の育て方ですが、数ある花の中でも非常に簡単なんです。お水をあげるのは1週間に一回くらいで済みますし、一度花が散っても植え替えすれば毎年花を咲かせます。

ただ、寒いところは不得意なので、暖かい場所に置いてあげるようにしましょう。

それと、強すぎる陽射しを当てるのもダメなので、置くところには気を付けてあげましょう。
ビジネス場面の周年記念日にも、胡蝶蘭をお祝いの花にチョイスする事が多いですが、贈り方の慣習などについては、知っておいたほうが良いでしょう。まず、赤系の胡蝶蘭は火をイメージさせてしまうので、赤系の胡蝶蘭や赤一色のラッピングは止めましょうアト、立札を付けるのを忘れないようにしましょう。他からも祝花がたくさん届くので、贈り主が一目で分かるようにするのもマナーです。
花ギフトは大抵の人が喜んでくれますが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、より一層の喜びを与えることができます。

たとえば、開店祝いや挙式などで胡蝶ランをよく見かけますが、すべての品種に共通する花言葉、「純真」「幸せを運んでくる」の他、色別にそれぞれの花言葉をもっています。例として胡蝶蘭を出しましたが、贈られる側の場面に合わせて花言葉を添えることで、単に花を贈るというに限らず、より強い想いが伝わるはずです。
気になる胡蝶蘭の値段ですが、 贈る相手の場面や、相手先との人間関係によって違ってきます。親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶蘭で良いですし、仕事関係であれば大倫の3本たてこちょうラン以上を選ぶのがマナーです。
どっちにしても、胡蝶蘭の値段がフラワーショップ(小売店)より安いのが通販で、商品によっては50%OFFになったりします。

通販では卸市場を経由しない流通構造を採用している場合が多く、生産者からの直送を行っているからです。

スマホ端末の進化に伴い、花の贈り物通販ショップも、最近ではスマホから簡単に注文できます。

しかも、いろいろなサービスも充実していて、メッセージやラッピングなど細かな点まで無料で行ってくれるのです。

配達についてもそうで、日本国内での素早い配送や、場合によっては当日に配送してしまえるショップもあります。

フラワーギフトも便利になったはずです。病院のお見舞いに、心を落ち着かせる意味で、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。優雅なこちょうランを持ってお見舞いに行くときは、根を切り、花束にするなどして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。

そこさえ気を付ければ、見た目も美しく、花粉も香りも少ない胡蝶蘭は、殺風景な病室を華やかにして、入院中の人の心を癒してくれるでしょう。
もらった胡蝶蘭が不要になってしまったら、どう処分していいか分からない場合もあるでしょう。
そのようなケースで、助かるのが、こちょうランの引取りを請け負っている業者です。処分する事情は様々で、会社関係で大量の祝い花を処分するケースや、咲き終わった後など、数が多い場合でも、一鉢しかない場合でも対応が可能です。業者を使わない場合ですが、自分で処分するしかありませんが、面倒でも、お住まいの地域の決まり通り分別しなければなりません。胡蝶蘭を贈るシーンというのは、おめでたい祝いごとに限らず、お供えとして用いるケースもあるんです。

「純粋な愛」を花言葉にもつ胡蝶蘭って、哀しみに染まった人の心を癒すとされてて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。
日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史の始まりは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、群を抜いたその優美なたたずまいが、もっと綺麗な欄を探す事になり、現代胡蝶蘭を発見する事につながりました。

胡蝶蘭の栽培方法ですが、ある程度の暖かさが必要なのは、認識しておきましょう。原産地は熱帯地域ですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。
人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置き場所は風通しも考慮してあげないといけません。水を与えるのは7日~10日に一回程度でよく、鉢の根元の表面が乾燥してきたらコップ一杯くらい与えます。